佐賀の車手続き(車庫証明取得・名義変更手続き)なら、佐賀の行政書士尾形善明事務所へ。迅速、安心手続き。

HOME » その他の手続き » 新車保証の継承手続き

新車保証の継承手続き

新車に付いてくるメーカー保証

新車を買った時、車検証入れの中に車検証、自賠責保険証明書・領収証、リサイクル券、保管場所標章交付申請書の控え、取扱説明書、保証書・点検整備記録簿がセットになったメンテナンスノートなどがはいっています。
メンテナンスノートの中の保証書を詳しくご覧になったことがありますか。普段はほとんど使いませんが、メンテナンスノートは車に常備して失くしてはいけない大事なもののひとつです。

おおまかに言ってメーカー保証は部品を指定していくつかの種類に分かれています。

【一般保証】
(消耗品・油脂類・後付部品などを除いたもの)3年間保証
新車を登録した日から3年間、期間内でも6万キロまで。

【特定保証】
(エンジン機構・動力伝達機構・エアバックなど特に重要な部品)5年間保証
新車を登録した日から5年間、期間内でも10万キロまで。
(外板の表面錆・外板の穴あき錆)ボデー錆保証
症状・車種により新車を登録した日から1~5年間、走行距離制限なし。
(ステレオ・ディスチャージヘッドランプバルブなど主に電気製品) 1年間保証
新車を登録した日から1年間、期間内でも2万キロまで。

【別扱いの保証】
(タイヤ・チューブ・バッテリーなど】
それぞれの部品メーカーが定めた保証基準による保証

保証継承手続き

これらのメーカー保証期間が残っている高年式の車を買われた場合、いざというとき無料で保証が受けられないことがあります。それは保証書が無かったり、保証継承手続きをしていない場合などです。

保証継承は、正規の代理店(ディーラー等)で修復歴がないかなど12ヶ月点検相当を受け保証書の変更欄に代理店印を押してもらわないといけません。普通車の有料点検で1万5千円~、時間も半日程度かかることが多いです。
(保証の内容や点検の金額・時間は各メーカー・代理店・車種によって内容が異なりますのでご確認下さい。)

オークションで落札した車や新古車を購入する場合は、登録関係の書類の他にも保証書や点検整備記録簿があるかどうかも大切なポイントになります。

一般社団法人自動車公正取引協議会

自動車メーカーや国産・輸入車の新車・中古車・二輪車販売店が会員である自動車公正取引協議会のAFTC コンシューマー・レポートでも会員事業者向けに以下の注意をしています。(以下抜粋)

・次の点に注意してください

1.メーカーの新車保証期間が残っている中古車を販売する場合は、保証書の有無及び保証継承が可能かどうか等を確認すること。

2.「保証つき」として製造業者の保証をつける場合は、保証継承のための定期点検整備費用を販売価格に含めて表示すること。

3.なお、「保証なし」の場合において「新車保証継承を受けることができる旨」を表示する場合は、「保証継承のための定期点検整備費用が必要である旨」を表示すること。※この場合は「保証つき」と表示することはできません。

【自動車公正競争規約との関係】

「保証つき」とは、販売業者の保証又は製造業者の保証(新車保証継承のための定期点検整備費用を含む)が販売価格に含まれ、保証書が付いているものをいう

【施行規則第11条】

お問い合わせはこちら

行政書士尾形善明事務所
代表者 尾形善明
所在地 〒849-2101 佐賀県杵島郡大町町大町5942
TEL:0952-82-3600
FAX:0952-37-8640
MAIL:info@car-saga.com
営業時間 9時~18時 土日祝日休み MAIL・FAXは24時間

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab